古賀組 建築事業部


自然は、私たちにとって安らぎをあたえてくれます。
この自然を未来に残していくために、古賀組は環境事業に取り組んでいます。
平成元年より朝倉地区ではいち早く建設廃棄物(アスファルト・コンクリート)の中間処理を開始しました。
アスファルト合材工場と併設してリサイクル工場があるので、アスファルト塊は再生合材製品として、コンクリート塊は再生砕石として完全にリサイクルされております。また、舗装事業においては、ヒートアイラン対策の透水性保水型の土舗装の施工を行っております。建築事業においては、既存の建物を住みながら再生させることで、産業廃棄物の発生を抑制する「ミラクル構法」という建築技術も展開しております。
今後も、環境にやさしい建設及びプラント技術の展開と、環境と調和する建設業の創造に努め、環境保全と経済発展が両立する社会の実現に努めてまいります。